心療内科と精神科との違いって?

心療内科はどんな病気を診てくれる?

私たちの日常には、様々なストレス要因が潜んでいます。ストレスへの耐性は人それぞれで、中にはストレスが原因で、身体に何かしらの不調が現れることがあります。これを『心身症』と言い、心身症を行うのが心療内科です。心身症と一言で表しても、腹痛や血圧の上昇、胃潰瘍など症状は実に様々です。

身体の不調がストレスなど心理的なものからきていると気が付かず、内科を受診する人も多いです。しかし、内科と心療内科では不調に対するアプローチの仕方も異なります。

「なんだか具合が悪くて内科を受診したものの、検査結果は何も異状が見られなかった」「薬を飲み続けてもなかなか具合が良くならない」このような場合はストレスが原因ということも考えられるので、一度心療内科を受診してみると良いでしょう。

精神科と何が違うのか

心療内科を開業している医療機関の中には、精神科も一緒に開業しているところがあります。なんとなく、どちらも心に関する病気を扱うイメージはわきますが、診てくれる病気の種類は異なります。

心療内科が、ストレスが原因で身体に不調が現れる心身症を診てくれるところであるのに対し、精神科はストレスが原因で心に不調が現れているときに受診する場所です。代表的な病名には、うつ病やパニック障害などが挙げられます。また、幻覚や幻聴などの精神症状や、物忘れなどの認知症状も精神科で治療されます。精神科の診療内容は服薬指導のほか、カウンセリングなどが行われる場合もあります。

つまり、精神科は心そのものの治療を行ってくれるところなのです。