不安や不眠が身体に及ぼす影響って?

不安が体に及ぼす影響は?

「大事なプレゼンを、たくさんの人の前で発表しなければならない」「重要な試験が控えている」。本番前になると、心臓がドキドキしたり、緊張して汗をかくのは、人として当たり前の現象ですよね。

現代は、ストレス社会と言われています。具合が悪くなるほど緊張してしまったり、寝込んでしまったり、不安のせいで、生活に支障が出てしまう人もいます。

大きな不安は、心のSOSサインです。放っておくと、あとあと大きな病気に繋がってしまう可能性も!気軽な気持ちで、カウンセリングを受けることをおすすめします。

仕事が忙しい人は要注意。不安による不調を後回しにしていると、あとで大きなツケが回ってきます。手遅れになる前に、心療内科に相談しに行きましょう。

不眠が体に及ぼす影響は?

不眠の原因は人によって違います。体内時計の乱れや環境の変化など、さまざまなストレスが原因だと言われています。現代では、スマートフォンの使用も、不眠の原因と言われているのです。

不眠の症状も、原因によって大きく変わってきます。「寝つきが悪い」「思ったよりも早く目が覚めてしまう」など、ぐっすりと眠ることができません。

不眠は、生活に大きく影響します。まず、眠りが浅いので、体の疲れが取れません。頭がぼーっとするので、注意力や記憶力が低下してしまいます。それだけでなく、気持ちが落ち込んだり、怒りっぽくなってしまう人も!

「不眠かな?」と思ったら、生活習慣を見直すサインです。なるべく夜更かしをしないなど、工夫をしてみましょう。